ishiducaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-04-05

[][][]ネストされた括弧を使う時の番号付き変数の順番は 17:39 ネストされた括弧を使う時の番号付き変数の順番は - ishiducaの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ネストされた括弧を使う時の番号付き変数の順番は - ishiducaの日記 ネストされた括弧を使う時の番号付き変数の順番は - ishiducaの日記 のブックマークコメント

正規表現では、括弧 "()" と番号付き変数 "$1","$2",... のセットが便利ですね。

上手に使うのは難しいんですけど、入れ子に(ネスト)された場合の番号の振り方くらい、覚えておきたいので試してみました。

#!/usr/bin/perl -wl
use strict;

$_ = 'abc def ghi jkl';
my $reg = '([^\s]+)\s(([^\s]+)\s([^\s]+))\s(.+)';
/$reg/ and print join "\n", $1, $2, $3, $4, $5;

exit 0;

結果

abc
def ghi
def
ghi
jkl

括弧と順番だけを端折って書くと

(1)((3)(4))(5)

2番目が見当たりませんが (1)と(5)に挟まれた括弧--(3)と(4)を囲んだ括弧--がそれ。

トラックバック - http://perl.g.hatena.ne.jp/ishiduca/20090405